山口県下関の看護専門学校【ウエストジャパン看護専門学校】

キャンパスライフ

ウエストジャパンのイイところ

ウエストジャパン看護専門学校では、社会人経験者から子育て中の人まで幅広い学生が学んでいます。その中から各学年の在校生にウエストジャパンの魅力や自分の目標についてインタビューしました。

たくさんの希望と不安を抱えながら入学しましたが、1学年に複数の先生が担当してくださるので、気軽に話せる環境が整っています。これから3年間で、多くの知識や技術、コミュニケーション能力を身に付けなくてはなりませんが、何事にも積極的な態度で臨むように『会話を多く、知識に貪欲であれ』という目標を掲げ、これからクラス全員で頑張っていきます。

 


原 千尋(下関商業高校出身)

教科書の知識だけでなく、臨床での実体験をもとにしたお話をしてくださる先生が多く、具体的でとても分かりやすいです。
また、グループワークも多くあり、チームで活動することの意味や大切さも学ぶことができます。また、2年次から、クラスメイトと切磋琢磨しながら、クラス全員が国家試験に合格できるように、日々学習に取り組んでいます。


小久保 郁乃(山口県立下関南高校出身)

講義や実習、就職活動などで困ったことがあれば、先生方が親身に相談に乗ってくれるため、充実した学生生活を送っています。また、多くの学校行事を学生主体で計画・立案して実施しているため、とても盛り上がります。
学習面では経験豊富な現役の医師や看護師の講師の先生もたくさん授業をしてもらえるため、臨床で必要な知識や技術を学ぶことができ、実習にも活かすことができています。


宮田 景香(山口県立小野田高校出身)